Archive for 2月, 2013

建物等工損事前調査

Posted on 2月 5th, 2013 by マードック鈴木  |  建物等工損事前調査 はコメントを受け付けていません。

 何の事だかわかりますか?

説明すると、持ち家の向かい側に高等学校があるのですが、その学校がもう一つの学校と合併することになり、新しくその場所に建てなおすことになったのです。それを受けて、その周辺の家々の土地や家屋を調査するということだそうです。

 その調査があった当時、そこは賃貸していました。現在住んでいるところに突然聞いたことのない会社名で電話がかかってきて、「調査をするにあたり所有者の許可をもらいたい。」とのことで、こちらとしてはその調査がどういうものかもわからないのですが、自治体でやることで、当然のことのように話されるので、「今借りている方のご迷惑にならないようにお願いします。」と言う返事をしました。

 それから2カ月ばかりしてまた電話があり、「調査の資料が出来たのでお送りします。」とのことで。「よろしくお願いします。」と答えました。

 送られてきた資料の細かいこととしかりしていることに驚きました。家を貸す前にやってもらいたかったと思いました。

 結局は学校を建てるときの工事によって、周辺の家から、傾きやひび割れなのでクレームをできるだけ減らすための調査なので、家のあらさがしの資料です。小さなキズ、コンクリートの土台のヒビ、家の傾き、クロスのはがれ、こんなところまで言う場所まで、一枚一枚写真に印刷されて、写真を撮った方角の図面まであります。傾きや、展開図、立面図。写真の横にはクロスや壁の隙間の幅や長さがミリ単位で記入されています。ここまでやるかという分厚いファイル1冊分の資料でした。

 この資料ですが、なんか利用する方法はないかと考えてみましたが、賃貸ではこんな細かいチェック入りませんから、利用価値はないですね。残念。