Archive for 12月, 2017

造り付けカップボード

Posted on 12月 20th, 2017 by マードック鈴木  |  造り付けカップボード はコメントを受け付けていません。

我が家はカップボードをキッチンスペースに合わせて造り付けました。造り付けた理由は、キッチンを使用する時と使用しない時、キッチンの印象を変えることができるからです。そして、キッチンには収納する物が多く、床から天井まで余すとこなく収納スペースとすることができるので収納力をアップさせることができるのです。

カップボードの全面にはすりガラスの引き戸を設けました。すりガラスの扉のいいところは、中に収納しているものを隠してくれながらも、キッチンに明るさを通してくれるため閉鎖的な印象になることがありません。キッチンで家事をする時には扉を開けっぱなしにしておき、必要な物を出し入れしやすいようにしておくのです。引き戸なので扉を開けっぱなしにしていても邪魔になることもないのです。

そして、キッチンで家事をしない時や来客時には生活感を感じさせるキッチン家電などが見えないように扉を全て閉めておきます。そうすれば生活感を感じさせないスタイリッシュなキッチンになるのです。

扉三枚にも広がるカップボードの扉の扉一面はキッチンパントリーとして利用しています。乾物、レトルト食品、お菓子にジューズなど食品のストックはもちろん、下部には30㌔のお米をスッポリと収めることができていますし、レシピ本なども整理できています。そして隣の扉一面には食器類を収納しています。普段使いするものからお客様用のものまでここ一か所で食器を整理することができています。

そして、隣の一面にはキッチン家電を収納しています。毎日使用する炊飯器や電子レンジはもちろん、ホットプレートやたこ焼き器、フードプロセッサーやミキサーなど大きさや使用頻度に合わせて上部、下部を利用して収納しています。キッチン振り返ると必要な物が一か所で管理されているのでとても利用しやすいカップボードとなっています。