子ども部屋にロフト

我が家には子どもが二人います。4歳と2歳でまだ小さいためそれぞれに個室の子ども部屋を設けるのではなく、空間を共に共有できるように広々ワンルームの子ども部屋にしました。中学・高校生くらいになりそれぞれの個室を必要とした時にこのワンルームを二つの個室に分けるようにしたのです。このようにしたことで子どもの成長に合わせてピッタリの子ども部屋を提供してあげることができるのです。

そして将来的には二つの空間になることを想定して予めきちんと二部屋分の環境を整えておくことを忘れてはいけません。出入りするドア、照明、コンセント、窓、クローゼットなどきちんと二部屋分設けておくことで、個室にする際に大掛かりなリフォームをする必要がなくなるのです。

子どもが成長するにつれて収納しておくものは増えていきます。物は増えていくにも関わらず空間は個室になることで狭くなります。広さに限りのある空間に物が散らかれば子ども部屋の快適性は損なわれてしまいます。そこでこの問題を解消すべく子ども部屋にロフトを設けたのです。ここには増えていく物をきちんと片づけることができる収納スペースとして活用します。捨てたくても捨てられないもの、季節もののアイテムなど物が大容量に収納できるので、子ども部屋が物で散らかるのを避けられるのです。

今はここにはまだほとんど物を収納していないため子ども達の絶好の遊び場となっています。しかし一つ後悔した点があります。ロフトへの行き来がハシゴであることです。ハシゴは勾配が急ですし、安全性が低いです。ロフトを設けるのであれば、固定階段で行き来できるようにしておくことでより便利で使い勝手のいいロフトを手に入れることができるのです。

Tags:

Comments are closed.