ウォークスルー収納

住宅への不満の常に上位を占めるのが収納です。収納はただ一か所で大容量に収納できるスペースを確保していてもダメです。適材適所に必要な物がきちんと整理され、これらが出し入れしやすくなければならないのです。そのため、玄関にはシューズクローク、キッチンにはパントリー、洗面室には洗面クローゼット、寝室にはウォークインクローゼットと各所に必要な物がきちんと収められるように収納スペースを確保した家造りを行う家庭が多いのです。

我が家の家造りにおいても収納にはかなり力を入れました。収納力が物の出し入れのしやすさに加えて、動線に沿った収納ということに配慮しました。そこでまず、玄関と洗面室を繋ぐ形でウォークスルークローゼットを設けたのです。ここにはいつも着用する上着や持ち歩くカバンなどを一時置きできるスペースです。帰宅するとリビングにまず直行します。そこでカバンを床に置き、着ている上着をソファの上に置いたままにしてしまいます。いつまでもリビングにこれらの物があり、なかなか片付かず生活感を感じやすく、快適性の低い空間が広がってしまうのです。

このウォークスルークローゼットをリビングの手間に設けておくことで、玄関入るとまずカバンや上着をしまい、その先の洗面室で手洗いを行い、リビングへくつろげるような動線が得られます。スムーズな動線であるため住宅内を行ったり来たりする無駄な動きもなく、物がリビングに散らかりにくくなるのです。動線に沿った収納スペースを設けることで収納への不満をより解消でき、暮らしやすい空間が広がるのです。

Tags:

Comments are closed.