Posts Tagged ‘賃貸物件’

我が家のお風呂

Posted on 4月 1st, 2012 by マードック鈴木  |  コメントは受け付けていません。

私の実家のお風呂は浴室が寒く浴槽は深いのですがお湯がすぐに冷めてしまいます、追い炊き機能は付いていないので足し湯をするのですが冷めたお湯を捨てなくてはいけなかったりするので経済的ではないですよね

結婚して最初に住んだアパートのお風呂は夫婦2人暮らしでしたので順番に入ればお湯が冷めてしまうことはありませんでした。しかし浴室の寒さは耐え難いものがあり、子どもが産まれてからは脱衣所にストーブを持ってきて浴室を温めてから入るようにしていました

次に引っ越したのは社宅でとても古い建物でお風呂も水を溜めてその水を温めるというとても時間のかかるもので、お風呂の古さ寒さもかなりのものでシャワーも無く、子どものいる家庭にはかなり厳しいものでした

お風呂でのんびりくつろぐなんてことはできなかったですね

自然素材の家を大阪に建てた親戚の家に遊びに行ったときに広いお風呂が浴室まで暖かくのんびりとリラックスできる空間だったのでとてもうらやましく、こんな家に住みたい!と思って家を建てようと決心しました

お風呂でくつろげないのって本当に辛いんですよね~一日の疲れがまったく取れないんですよ(涙)お風呂って大事ですよね

足を伸ばして、ゆっくり体を休ませることができる、洗い場も広くて子どもと一緒に入ってもゆっくり体が洗える。浴室も温かく、お湯が冷めにくい上に追い炊き機能も付いている。

キッチンからボタン一つでお湯が張れて、入れすぎることもない。温度も管理されているし、通話機能で会話もできる

今の我が家のお風呂は本当に良いです!

数々の問題有りのお風呂を経験してきたからこそわかる、このお風呂の素晴らしさ!友人は普通じゃない?と言いますが、私にとっては最高なのです!

これくらいで喜んでくれるなんて単純で良かったという旦那さんの言葉を聞きながら、今日もお風呂で一日の疲れをとりましょう

賃貸の初期費用

Posted on 6月 21st, 2011 by マードック鈴木  |  コメントは受け付けていません。

進学や就職で新しい生活をしていかなければいけないことになり、賃貸のアパートや賃貸のマンションを探すことになるかもしれません。賃貸の物件を借りるときには、最初にお金が必要になってきます。最初に用意しなければいけないお金は、結構多いです。

しかし、借りようとする物件によっても、違いが出てきます。

賃貸物件の初期費用として、敷金と礼金に前家賃と仲介手数料、火災保険などがあります。

なぜ違いがでるのかといえば、敷金と礼金をいくらにするのかは貸す側が決めていいためです。しかし、敷金と礼金を高くしすぎると、借りる人がいなくなるかもしれません。

反対に安くしすぎると、利益が少なくなってしまいます。大家さんとしてはバランスを考えて貸すことが大切なのです。しかし、アパートなどの需要よりも供給のほうが多くなっている現状では、借りる側の方が有利になっています。

そのため、大家さんとしても入居者をいれたいので他のところよりも安くすることで入居者を確保しようと考えます。先ほど書いた敷金と礼金を安くするのです。

敷金と礼金は初期費用の中でも多くの部分を占めています。

その敷金や礼金を無料にしたりすることが、多くなってきています。

敷金は担保として大家さんが預かることになるお金です。そのお金は入居者が退去したときに返還することになります。入居者が特に何かしたわけではないのなら全額戻ってくることになります。そのため敷金を無料にしても、問題が起こらなければ問題ないのです。